ドイツ発のメンズシューズブランド「GORDON & BROS」ゴードアンドブロスのオフィシャルオンラインストア

 
 
会社紹介
 



GORDON & BROS輸入販売元

社名 株式会社 スズキ
所在地 〒111-0032 東京都台東区浅草5-2-10

1974年創業、革素材の製造・タンナーとして数多くの品質・特性・風合いを見立ててまいりました。
ドイツ・ブランド GORDON & BROS は、その中でも革製品のエキスパートの視点から、特に皆様にご紹介したい逸品でございます。

            

GORDON & BROS ブランドのご紹介

GORDON & BROSは、1988年、ドイツ、デュッセルドルフにて創業しました。選び抜かれた素材、揺るぎない製法技術により、高い完成度の紳士革靴を発信しています。確かな物を選び、長く大切に使うドイツの人々の心を魅了し、ベルギー、フランス、英国、スウェーデン、オーストリアなどヨーロッパのみならず、現在では、世界中でGORDON & BROSの靴をご愛用いただいています。

GORDON & BROSは、グッドイヤーウェルテッド製法を主力として、最もフォーマルなストレートチップ、ややドレッシーなオックスフォード(内羽根式)のフルブローグ・ウイングチップ、ダービー(外羽根式)のフルブローグ・ウイングチップを始め、キャップトウのダブルモンクストラップなどクラシックモデルを中心に、スーツスタイルから、カジュアルまで、様々なライフスタイルに最適な完成度の高い靴は、世代を超えて好評価を博しています。

GORDON & BROSの品質、技術力の証明は、革製品製造の過程で大切な役割を担う“タンナー”という仕事のご紹介無くしては、十分にお伝えできないブランドです。

“タンナー”は、皮を見極め「皮から革を作る」仕事です。加工、染色の工程を経て、革製品としてのクオリティ、使い込むことでさらに楽しめる風合いのある革に仕上げる技術は、皮の特性を熟知し経験を駆使するタンナーの重要な役割です。

輸入販売元である弊社は、創業43年のタンナーであり、GORDON & BROSブランドの靴は、その確かな品質を見極める目によって選ばれた製品です。

150年経った今も受け継がれる英国の伝統製法である難易度の高いグッドイヤーウェルテッド製法は、他の製法に比べ職人の技術が必要であり、外側からは見えない靴の履き心地に欠かせないコルク素材を含め、選び抜いた多くのパーツこそ、時間と手間をかけることにより、丈夫で履きこむほどに足に馴染み長持ちする靴が出来上がります。

これらの技術は正にGORDON & BROSに生かされています。ドイツとイタリアのデザインチームの企画により、

“COOL” 洗練された格好良さ
”CLASSIC” 時代を超えて愛され続ける
”COMFORT” 履きこむほどに快適な履き心地

を、テーマに世代を超えて選ばれる紳士靴が完成します。

高級品として知られるグッドイヤーウェルテッド製法の革靴ですが、広く多くのお客様にお求めやすい価格でご提供させていただくことを、GORDON & BROSは、ミッションとしています。

磨けば磨くほど、味わい深く輝きだす革はどれかを。そして、そのデザイン性、品質、履き心地の良さが集約された革靴はどれかを。熟知しているタンナーが選ぶGORDON & BROSの革靴です。

是非、ご自身のスタイルを完成させるアイテムの一つとして、GORDON & BROSの革靴をお試し頂けますよう、心より願っております。